ホームページを多言語化する方法は?制作の手順やメリットを解説

この記事では、ホームページを多言語化する方法と、その制作手順、メリットをご紹介していきます。

ホームページをより多くの人に見てもらい、自社サービスを世界に向け展開するために必要なポイントを押さえていきましょう。

ホームページの多言語化とは

ホームページの多言語化とは、日本語のページをもとに他の言語に対応したホームページを作成することを指します。

具体的には、日本の企業が運営する日本語のWebサイトを、英語・韓国語・フランス語などの言語に翻訳し、それぞれの言語ごとにWebサイトを用意することを指します。

Webサイトの多言語化は、それぞれの言語ごとにHTMLファイルが必要です。

これは、単に文字を翻訳するだけではなく、各言語ごとにページを作成し直す必要があることを意味します。

この作業は手間と費用がかかりますが、グローバルな市場に進出するために避けては通れないステップです。

ShiroKuくん

質の高い多言語サイトを作成することで、海外のユーザーに対してサービスや商品の魅力を伝えられるようになります。

ホームページを多言語化する4つのメリット

難易度の高いホームページの多言語化ですが、実装することでどのような恩恵を得られるのでしょうか。代表的な4つのメリットを紹介します。

事業をグローバルに展開できる

多言語化されたWebサイトを持つことで、事業をグローバルに展開できるようになります。

見込み顧客の数が増え、集客に成功すればリーチ数は桁違いに増加する可能性があります。

例えば、インターネットユーザーのうち、日本語ユーザーの割合はわずか3%に過ぎません。

つまり、日本語だけのサイトでは世界のインターネットユーザーの97%にアプローチできていないのです。

多言語対応を行うことで、潜在顧客の幅が広がり、ビジネスチャンスが増大します。

インバウンドの集客が見込める

多言語化されたWebサイトは、インバウンドの集客にも大きな効果を発揮します。

特に観光業や小売業など、訪日外国人をターゲットとするビジネスにおいては、多言語対応が必須になります。

英語・中国語・韓国語など、ターゲットとなる国や地域に合わせたサイトを用意することで、訪日外国人が事前に情報を得やすくなります。

実店舗やサービスがあれば、実際の来訪・利用につながるだけでなく、売上の増加やブランド認知度の向上も期待できます。

国内外の信頼性やブランド力が高まる

多言語対応を行うことで、企業の信頼性やブランド力が国内外で高まります。

日本市場においてもグローバル企業であることをアピールできるため、顧客からの信頼を得られる点は大きなメリットです。

海外市場においては現地の言語で情報を提供することで、現地のユーザーに親しみやすいブランドとして認識されやすくなります。

これにより、国内外の市場で競争力を持てるようになります。

新しいニーズや事業のアイデアを得られる

新しいニーズや事業のアイデアを得るチャンスがあるのもメリットの一つです。

異なる言語や文化に対応するために、ユーザーの行動や反応を分析することで、新たなマーケットの発見や製品・サービスの改善点が見えてくることがあります。

これらが将来的にビジネスの成長や革新につながるかもしれません。

ホームページを多言語化するデメリットや注意点

ホームページの多言語化にはメリットが多い一方で、いくつかのデメリットや注意点も存在します。

翻訳作業や各言語に対応したHTMLファイルの作成には、時間とコストがかかります。

また、文化や言語の違いを考慮しないと、誤解や不適切な表現が生じる可能性があります。

多言語対応のサイトを運営すると、SEO対策やメンテナンスの工数も増えるでしょう。これらの点に注意し、慎重に計画を立てることが重要です。

ホームページを多言語化する方法

ここからは、ホームページを多言語化する具体的な方法について見ていきましょう。主に2つの方法があるので、両方の特徴をまとめています。

1.多言語化ツールやプラグインを使用する

比較的手軽に多言語対応を実現できるのは、多言語化ツールやプラグインを使用する方法です。

WordPressをはじめとした「CMS(コンテンツ管理システム)」を利用している場合、各種プラグインを導入することで、多言語対応が可能になります。

多言語化ツールや翻訳サービスの種類

多言語化ツールや翻訳サービスには、以下のような種類があります。

多言語展開サイトのURL構造例

  • 自動翻訳プラグイン:Google TranslateやDeepLなどの自動翻訳サービスを利用して、手軽に多言語化を実現します。ただし、自動翻訳は正確性に欠けることがあるため注意が必要です。
  • 多言語対応プラグイン:WPMLやPolylangなど、WordPressに対応した多言語プラグインを利用する方法。手動で翻訳を行いながら、多言語対応のWebサイトを作成できます。
  • 翻訳サービス:プロの翻訳者に依頼することで、高品質な翻訳を実現します。特に専門的な内容や重要なページの翻訳には、プロの翻訳者を利用することがおすすめです。

2.多言語Webサイトをゼロから作る

元言語(日本語)のWebサイトとは別に、多言語Webサイトをゼロから作る方法もあります。

この方法は、既存のWebサイトをベースにしつつ、新たに各言語ごとのサイトを開発・運用する形式です。

この方法のメリットは、各言語ごとに最適なデザインや構成を採用できるため、UX(ユーザー体験)が向上する点です。

また、SEO対策も個別に行えるため、検索エンジンからの評価も高くなりやすいのがメリットです。

ただし、開発や運用にかかるコストと手間が大きいため、予算やリソースに余裕がある場合に適しています。

多言語化の方法はどちらを選ぶべき?

多言語化の方法を選ぶ際には、予算・リソース・目標とする品質に応じて適切な手段を選ぶことが重要です。

プラグインやツールを導入する方法は、手軽でコストも抑えられますが、自動翻訳の精度やデザインの自由度には限界があります。

一方、Web制作会社に依頼してゼロから多言語Webサイトを作る方法は、費用がかかりますが、質が高く使いやすいサイトを構築できます。

費用の安さを重視する場合は、多言語化ツールやプラグインを利用する方法も考えられますが、最終的に質の高いサイトを目指すなら、最初から多言語サイトの構築に知見があるプロの制作会社に依頼することが望ましいです。

ネイティブスピーカーによる翻訳や国別のデザインを行える制作会社を選ぶことで、より信頼性の高いサイトを作成できます。

質の高い多言語Webサイトを制作するポイント

次に、多言語Webサイトをよりクオリティの高いものに仕上げていく場合に必要なポイントを見ていきましょう。

多言語化の目的とターゲットを決める

多言語化を行う前に、目的とターゲットを明確にすることが重要です。

単に「海外展開したい」という漠然とした目標ではなく、具体的なターゲット市場やユーザー層を設定し、それに応じたサイト構成やコンテンツを計画する必要があります。

これにより、効率的かつ効果的な多言語化ができるようになります。

機械翻訳ではなくネイティブが翻訳する

多言語Webサイトの品質を高めるためには、機械翻訳ではなくネイティブによる翻訳を行うことが重要です。

機械翻訳は手軽ですが、ニュアンスや文化的な背景を正確に伝えることが難しい場合があります。

プロの翻訳者やネイティブスタッフが執筆することで、自然で理解しやすい文章になります。

ターゲットとなる国や地域の規制に注意する

各国や地域には、それぞれ異なる規制や法律が存在します。

例えば、プライバシーポリシーやデータ保護に関する規制は国によって異なるため、これらの規制に準拠したサイト作りが求められます。

ターゲットとなる国や地域の規制を事前に調査し、適切な対応を行うことが重要です。

サイトのデザインは国・地域・言語別で設定する

多言語Webサイトを制作する際には、単に言語を翻訳するだけでなく、デザインも国や地域、言語に合わせて設定することが重要です。

例えば、色使い・レイアウト・フォントなどは、文化的な背景やユーザーの好みに応じて変更する必要があります。

ターゲットに合わせたデザインを採用することで親和性が向上し、サイトの信頼性が高まるでしょう。

海外SEO対策や集客も意識して設計する

ただ質の高いサイトを作成するだけでは十分ではなく、海外向けのSEO対策や集客施策などのマーケティングを併用することが必要です。

検索エンジンに適したキーワードの選定や、各言語でのSEO対策が含まれます。

また、ユーザーがサイト内をスムーズに回遊できるように、導線設計も考慮することが重要です。

対象国に合わせた細かい施策を積み重ねることで、訪問者が目的の情報にたどり着きやすくなるでしょう。

重複コンテンツの判定に注意する

多言語対応を行う際に注意すべき点の一つに、重複コンテンツの判定があります。

異なる言語で同じ内容を提供する場合、検索エンジンが重複コンテンツとして判定することがあるため、適切な対策が必要です。

hreflangタグの使用や、言語ごとに異なるURL構造を採用するなどの施策を検討してみましょう。

言語の切り替えメニューを実装する

ユーザーが簡単に言語を切り替えられるように、言語の切り替えメニューを実装することも重要です。

言語切り替えメニューはサイトの目立つ場所に配置し、直感的に操作できるデザインにしましょう。

訪問者が自分の理解できる言語で情報を得やすくなり、結果的にサイトの回遊率が向上しやすくなります。

ホームページの多言語化で海外集客を加速しよう

ホームページの多言語化を行うことで、より多くの見込み客にアプローチすることができます。

サービスの認知拡大や新規ユーザーを獲得できるほか、今やインバウンド集客にも欠かせない施策となっています。

ホームページの多言語化は難易度が高く、機械翻訳では質の高いコンテンツを制作できないため、制作費用が高くても海外集客に知見のあるホームページ制作会社に依頼するのがおすすめです。

海外SEO対策の相談ならShiroKuへ

ShiroKu株式会社では、海外SEO対策や多言語コンテンツ制作、インバウンド集客など、海外向けマーケティングサービスを手掛けています。

経験豊富なネイティブスタッフが多数在籍し、海外の知見を活かして戦略設計からサイト制作、集客、分析、改善まで一貫体制で集客をサポートいたします。

自社サイトやサービスの海外展開を考えている方は、ぜひShiroKuにご相談ください。

1分で完了!無料相談受付中

お問い合わせはこちら