【2024年最新】台湾マーケティングを成功させるコツとは?台湾へのビジネス展開に必要な戦略とポイントを一挙解説

活発なインターネット文化とテクノロジーへの傾倒で知られる台湾。

親日国としても知られる台湾でビジネスを展開する企業は増え続けています。SNSが深く根付き、デジタルコミュニケーションが日常生活の一部となっているのが台湾マーケティングのポイントです。

この記事では、台湾へ進出を検討されている企業に有益な台湾マーケティングを成功させるコツや、ビジネス展開に必要な戦略やポイントを詳しく解説します。

台湾マーケティングとは?

台湾市場で自社のサービスや製品を広める際に欠かせないのは、台湾の消費者行動とマーケティングトレンドへの適応です。

これには台湾独自の消費文化やSNS、ECサイトの存在を知ることが大切で、ターゲットユーザーが何に魅力を感じるのか理解する必要があります。

台湾マーケティングでは、自社のサービスや製品の魅力、価値を露出させるプロモーション方法を行い、消費者のインサイトを引き出す効果的な戦略が必須です。

台湾について詳しく知ろう

台湾マーケティングを成功させるには、台湾について理解を深めることがキーポイントになります。

2024年の統計調査データを見ながら、台湾の現状について学びましょう。

台湾の人口は、2024年時点で23,940,000人。16歳から64歳を対象にした統計データでは、主要なデバイスの所有率は下記の通りです。

台湾の主要デバイス使用率トップ3

  1. モバイル94.9%
  2. PC67.1%
  3. タブレット42.4%

主要言語については、話し言葉は「台湾中國語」「台湾語」「台湾客家語」「原住民族諸語」、書き言葉は「中国語繁体字」が使用されています。

ブログ系のコンテンツは中国語繁体字、動画では多彩な言語を話すなど、コンテンツの媒体やターゲットによって主要言語が異なるので注意しましょう。

【2024年度版】台湾で最新のデジタルトレンドとは?

台湾をターゲットにしたマーケティング施策を成功させるには、今の台湾で流行しているデジタルトレンドを押さえる必要があります。

ここでは、主要な商品購入の方法や、インターネット・SNSの利用率などについて紹介します。

インターネットの利用率はどのくらい?

まずは、台湾人がどのくらいインターネットを利用しているのかを見ていきましょう。

台湾人の一日のインターネット利用時間は、平均で7時間13分です。

ちなみに日本の場合は平均で3時間56分であり、インターネットの利用率が非常に高いことがわかります。

インターネットへのアクセス方法で一番多いのはモバイル端末で、約93.8%を占めています。

買い物やサービスの利用もモバイル内で完結させる方が多く、レスポンシブデザインへの対応やUI・UX設計などが重要になるでしょう。

検索エンジンの利用率は図の通りで、他国と同じくGoogleが圧倒的なシェアを占めています。

そのため、SEOにおいてはGoogle検索アルゴリズムの対応が必須となります。

余談として、オンラインのオーディオコンテンツ(Google Podcast、Spotifyなど)の利用率は、全体的に日本よりも高くなっています。

今後は音声コンテンツを利用した台湾マーケティングも盛んに行われる可能性があるでしょう。

SNSの利用率ランキング

以下を参考 SNSの利用率ランキングは上記の図の通り。

利用率が一番高いのはLINEであり、日本と同様にメッセージアプリとして広く活用されています。

次いでFacebook、YouTube、Instagramが利用されており、こちらは写真・動画共有のプラットフォームとして広い年代に普及しています。

時間を一番使っているランキングは、1位がTiktok、次いでYouTube、Facebookが利用されています。

世界的に流行しているショート動画の勢いが大きく、総視聴時間が高くなっています。

特筆すべきポイントとして、FacebookやInstagramなどで知られるMeta社が2023年7月5日(米国時間)に発表したテキスト共有SNSアプリ「Threads(スレッズ)」の利用率が高いのも特徴です。

世界と比べても台湾の成長率・利用率は比較的高いため、マーケティング施策の選択肢として候補に入るでしょう。

台湾は日本と比べて「X(旧Twitter)」の利用率が低く、使用感が似ているSNSアプリがなかったのも流行の要因となっています。

オンラインショッピングの消費傾向

商品・サービスの購入における消費傾向も見てみましょう。

オンラインショッピングで最も利用されているデバイスは、モバイル端末の86.8%で、スマホなどを利用した商品購入やオンライン決済が盛んに行われています。

また、利用頻度についても、「毎日使っている」が25.4%と高く、「毎週使っている」の29.6%と合わせて、全国民の約半数がオンラインショッピングを利用しています。

台湾人がサービスを利用する決め手と考えているポイントは下記の通り。

自社のサービスを宣伝・リリースする際は、下記の要素が揃っているかを確認することも重要です。

買い物サービスの選ぶ決め手

  • 検索エンジン
  • 口コミサイト
  • 公式サイト
  • KOLのコンテンツ(商品を実際に試して評価する専門サイトや動画)

購入を決断する要素

  • 送料無料
  • クーポンや割引が充実している
  • 決済しやすい(簡単な操作で購入できる)

ちなみに、台湾において、電子マネー決済で最も多く利用されているのは「LINE Pay」です。

スマホ所有率・インターネット利用率が高い

台湾は日本と比べてもスマホの利用率が高く、全人口の94.9%がモバイル端末を所有しています。

人口におけるインターネット普及率は128.9%を超えており、パソコンを使ったことがない高齢の方もスマホなどのモバイル端末からコンテンツを閲覧・利用しています。

このような背景から、Webコンテンツを最適化してモバイルファーストに対応することが、台湾マーケティングにおいても必須の対策となるでしょう。

LINEなどのメッセンジャーアプリを利用したダイレクトマーケティング、顧客サービスの提供も効果的なアプローチと言えます。

YouTubeを活用したプロモーションも効果的

台湾ネットユーザー総数の90%近くが利用しているのが、世界最大の動画共有プラットフォームYouTubeです。

台湾ではさまざまなニュースやテレビ番組が公式のYouTubeチャンネルを運営しており、老若男女に親しまれています。

検索・情報収集ツールとして活用する台湾ユーザーも多く、YouTubeを利用したプロモーションを効果的に行うことで認知度アップが望めます。

実際に2018年の調査では77%だったYouTube利用率が、2019年には90%と大きく拡大しているのは、幅広いニーズに対応したチャンネルが増えてきたことが理由にあげられるでしょう。

元々ブロガー文化が盛んな台湾においては、テキストと写真中心のコンテンツが人気でした。現在では動画クリエイターやインフルエンサーが台頭しており、ブログと双璧をなすほどの人気を博しています。

ユーザーの口コミが重視される

台湾では、「口コミ」を重視する傾向にあります。

商品の購入やサービスを利用する際、まず口コミやSNSの広告、個人ブログなどで情報を取得します。

サイトに口コミ機能を設け、口コミ記事が増える仕組みを構築するのがポイントです。

さらに、台湾では個人ブログが検索順位の上位を占め、行動や購買の参考にされることから、台湾ブロガーとタイアップしたWebマーケティングが効果的です。

口コミとブログ記事を充実させることでサイトの信頼性が高まります。

Facebookによる情報発信も有効

台湾ではFacebookの普及率が高く、10代から60代の幅広い利用者層が友人や親戚の近況を見たり、情報収集、質問等のツールとして活用しています。

台湾では企業やブランド、公的にもFacebookが使用されており、顧客との活発なコミュニケーションが行われています。

個人や企業の情報発信にマストであり、台湾マーケティングに不可欠なSNSといえるでしょう。

台湾マーケティングを成功させる8つのポイント

ここからは、台湾マーケティングを成功させる8つのポイントを詳しく説明します。

ソーシャルメディアマーケティング、インフルエンサーマーケティング、デジタルプロモーション、対話型のオフラインマーケティングなど、さまざまなマーケティングを戦略的に実施することが重要です。

台湾ならではの特徴を理解し、自社のサービスや製品に最適なマーケティングを継続的に行いましょう。

コンテンツ作成は台湾繁体字表記に統一する

台湾で使われている主要な文字は「繁体字(はんたいじ)」です。

中国で使用されている簡体字とは異なることを認識し、コンテンツ作成では繁体字に統一してキーワード選定と執筆を行います。

台湾では、検索をする際に単語の間にスペースを入れる特徴があるため、「京都 住宿 推薦」のようにキーワードを設定しましょう。

このようなSEOにより台湾ユーザーが検索しやすくなり、サイトへの信頼度も上がります。

台湾独自のプラットフォームを活用する

人々の消費行動にはさまざまなプラットフォームが関わってきますが、台湾には日本では馴染みのない台湾独自のECサイトやプラットフォームが存在します。

台湾のさまざまな情報をキャッチできるのが「PTT」(批踢踢)「Dcard」です。

「PTT」は、1995年に設立された台湾で最も有名な掲示板システムで多岐に亘る話題がやりとりされています。

「Dcard」は2011年に設立された人気のオンラインコミュニティです。

これらのプラットフォームをうまく活用し台湾ユーザーにリーチしましょう。

Dcardは比較的若い世代を中心に流行しているコミュニティなので、若年層をターゲットにしたマーケティングには有効です。

台湾で人気のSNSを有効活用する

SNSが人々の生活に深く根付く台湾ではさまざまなSNSプラットフォームが活用され情報の共有、交流が行われています。

中でも人気なのが「Facebook」「YouTube」「LINE」「Instagram」です。これらのSNSで自社のアカウントを作成し、情報を継続して発信することでフォロワーの獲得が期待できます。

ショート動画で若年層を中心に人気の「TikTok」も新たなトレンドの循環が見られ、インフルエンサーマーケティングのツールとして台湾でも注目されています。

日本と大きく異なるのが、「X(旧Twitter)」の利用率が低いことが挙げられます。台湾で利用率の高いSNSを有効に活用し、ソーシャルメディアマーケティングを強化しましょう。

台湾の“ブロガー文化”に適したコンテンツを制作

すでに説明した通り、台湾では個人ブロガーの信頼度が高いのが特徴。トレンドが動画コンテンツへと移り変わっている近年でも、情報収集の手段として人気があります。

例えば日本では、「(観光地)+ まとめ」「(商品名)+ おすすめ」などの検索ワードであれば、企業やブランドのキュレーション記事が上位を占めているケースが多いですが、台湾の場合、検索上位を全て個人ブロガーが独占しているような状況も少なくありません。

台湾の個人ブロガーが発信するコンテンツは、下記のような特徴が挙げられます。

日本と比べた台湾個人ブログの特徴

  • 自身が購入・体験したコンテンツである
  • 写真投稿が多く文字が少ない
  • 企業とのタイアップコンテンツも多い
  • 口コミやコメント欄が活発
  • SNSアカウントと連携した拡散性の高さ

台湾は個人ブロガーの信頼度と拡散性が高いため、有名ブロガーとタイアップした企画やコンテンツSEOも効果的です。

台湾人インフルエンサー(KOL)を起用する

ブロガーの情報発信を重視する台湾では、インフルエンサーマーケティングが不可欠です。

自社のサービスや製品と相性の良い台湾人インフルエンサーを起用することで、効果的なプロモーションが実現します。

多くのフォロワーと影響力を有した台湾人インフルエンサーが発信する情報の拡散力と信頼性は非常に高く、ブランドの認知や商品購入、サービスの利用などに即効性が望めます。

動画コンテンツを積極的に運用する

商品やサービスをプロモーションする際、動画を組み合わせることで、その価値や魅力を効果的に伝えることができます。

理解しやすく印象に残りやすいことから世界的にショート動画が注目されていますが、台湾でもTikTokやYouTubeのショート動画を閲覧するユーザーが増えています。

動画コンテンツを積極的に運用することで台湾ユーザーの関心を促し、コンテンツのシェアや拡散にも繋がるでしょう。

イベントに参加して広報活動を行う

台湾でビジネスを展開する際、デジタルマーケティングだけでなく、対話型のオフラインマーケティングも外せません。

春節を始め、台湾で開催されるイベントやキャンペーン等に参加することでサービスや製品の魅力を伝えやすく、消費者とのつながりが生まれます。

自社のサイトやSNSアカウントのフォロー、購買や予約など次のアクションに有効な広報活動となるでしょう。

リスティング広告を実施する

デジタルマーケティングにおいて重要な役割を果たすのがリスティング広告です。

検索エンジン上で特定のワードを検索したユーザーを対象に配信される広告であり、購買意欲が高いタイミングにアプローチできるのが大きな強みです。

台湾の検索エンジンのトップはGoogle台湾、次にYahoo!奇摩となっており、これらを念頭にリスティング広告の戦略を練ります。

また、先述したように台湾ユーザーは口コミを重視することから、リスティング広告を実施する際には商品やサービスの評判を前面に出した広告コンテンツを作成するのが効果的です。

台湾マーケティングの成功は実績豊富なプロに任せるのが一番!

ここまで、台湾市場への進出を検討されている企業に向けた台湾マーケティングの攻略法、ビジネス展開に必要な戦略やポイントを説明してきました。

台湾マーケティングは、台湾特有の文化を理解した市場調査、消費者行動分析やSNSの活用、効果的なコンテンツ作成、デジタル広告の運用など、さまざまな戦略が求められます。

自社のリソースだけで完全にカバーするのは難しいため、台湾マーケティングを専門とする実績豊富なプロに任せるのが一番です。

効率的かつ効果的な台湾市場へのアプローチで、自社のビジネスを成功に導きましょう。

海外SEO対策の相談ならShiroKuへ

ShiroKu株式会社では、海外SEO対策や多言語コンテンツ制作、インバウンド集客など、海外向けマーケティングサービスを手掛けています。

経験豊富なネイティブスタッフが多数在籍し、海外の知見を活かして戦略設計からサイト制作、集客、分析、改善まで一貫体制で集客をサポートいたします。

自社サイトやサービスの海外展開を考えている方は、ぜひShiroKuにご相談ください。

1分で完了!無料相談受付中

お問い合わせはこちら

執筆者

八十島 匠(やそじま たくみ)

フリーランスライターとして5年ほど活動したのち、独学でWebマーケティングを学び、大手観光メディアを運営する会社のディレクターに抜擢。旅行・観光系ジャンルを中心に、美容・インテリア・グルメ・ファッション・人材・テクノロジーなど、さまざまなメディアの立ち上げに従事。SNS運用や縦型動画をはじめとした最新マーケティング・海外SEO戦略にも幅広い知見を持つ。

監修者

李美玲(リ・メイリン) 

台湾にあるマーケティング受託支援の会社で、企画・構成・執筆・広報など多岐にわたる経験を積み、2017年に来日。ネイティブ視点に基づいたマーケティング企画の立案やコンテンツ制作を得意とし、中小企業のサイト構築・集客から大手企業のインバウンドメディア立ち上げプロジェクトにも参画。台湾有識者としての現地視察、台湾KOLと連携した広告マーケティングなど、さまざまな業務に従事。台湾・香港の最新マーケティングにも精通しており、多岐にわたるニーズにお応えします。