英語のSEO対策のポイントは?英語圏向けコンテンツを作る際の注意点を詳しく解説

ビジネスのグローバル化において、世界の共通言語と言える英語の対応は必要不可欠。

マーケティングにおける英語市場の重要性は非常に高く、日本国内とは比べものにならないほど多くの人にリーチできるのが魅力です。

競合も多いため簡単にはいかないものの、コンテンツによっては大きな反響を呼び成果を上げられるチャンスがあります。

この記事では、英語圏の海外ユーザーからのアクセスを生む英語のSEO対策、コンテンツ制作時のポイントや注意点について詳しく解説します。

英語のコンテンツSEOとは?

英語SEOは、主に英語を母国語とするユーザーや英語を第二言語として使用するユーザーが対象となります。

多くの国や地域が対象となる英語圏のユーザーに対し、多様な文化や市場の違いを踏まえて有益なコンテンツを制作することが「英語のコンテンツSEO」です。

タイムリーな内容であることはもちろん、ユーザーが違和感なく読める自然な文章で、質の高いコンテンツを提供することが重要になります。

英語コンテンツを制作する際のチェックポイント

英語のSEOは、Googleが主要な検索エンジンであり、一度特定のキーワードで上位表示されると継続して順位を維持できる傾向があります。

立ち上げに成功すると安定した集客を得られるため、ユーザーの役立つ英語コンテンツを作り、「検索」で潜在顧客に見つけてもらうことがカギになります。

ここでは、英語コンテンツ制作時に押さえておきたいポイントを以下にまとめました。

そもそも本当に英語サイトが必要なのか?

グローバル展開を考える時、真っ先にイメージするのがアメリカです。

「英語サイト=アメリカがターゲット」

と連動して考えがちですが、多言語化サイトを制作する場合は、大きい市場のメリットだけに注力するべきではありません。

なぜなら、大きい市場はチャンスが大きい分、競争も激しいからです。

他に可能性のある国や地域がないか、十分に検討する必要があるでしょう。

その上で、英語のSEOを狙ったコンテンツを作るべきなのかを再考し、SNSやメルマガで対応はできないのか、あらゆるケースをシミュレーションして戦略設計することが大切です。

狙う市場とターゲット

英語圏の中で市場の主戦場となるのはアメリカ、イギリスです。

アメリカはジャンルによって競合が激化する特徴があり、イギリスは法規制や言い回しなどの表現に一部特殊ルールが設けられているなど、英語圏と言ってもさまざまで、検索フレーズにも地域差があります。

ターゲット市場を深く理解し、文化文脈に合わせた企画、個別の戦略が英語SEO対策には必要です。

アメリカのSEO対策について詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてください。

アメリカ向けSEOについて徹底解説!サイト作成の手順や注意点、必須ポイントを紹介

コストと目標

日本のSEOでも同じことが言えますが、英語SEO対策を行ってもすぐに上位表示させることは難しいものです。

長期的な視点を持ち、施策を重ねながら順位を上げていく場合は必然的にコストもかかります。

しかしながら、英語圏は市場が大きい分、競合も多いためコストや時間をかけたとしても成果が出ることは保証されていません。

さらには、英語サイトでアクセスが少なければ検索評価が下がり、日本のSEOにも低評価を受け上位表示されなくなる可能性があります。

そのため、英語SEOに対し、予算や期間、目標値などのプランをしっかり立てて計画することが必要となるでしょう。

英語コンテンツのよくある失敗例

ここでは、英語コンテンツのよくある失敗例を紹介します。

英語のSEO対策を行う際の注意ポイントとして要チェックしましょう。

日本語サイトをそのまま直訳する

日本語サイトを機械翻訳に入れて英語に変換したものは直訳となり、意味が通らない不自然なものになってしまいます。

それは、長文の英語を日本語にGoogle翻訳した際に自然な日本語にならないのと同じであり、現地の人にとって読みづらい文章、時には誤解を招くことも少なくありません。

そのようなコンテンツはユーザーの役に立つコンテンツではないと認識され、検索エンジンから悪い評価を受ける可能性も高いので注意が必要です。

英語圏の人に読みやすく、違和感のないコンテンツにするためにはバイリンガルもしくはネイティブの人にコンテンツ制作を依頼するのが望ましいでしょう。

現地のトレンド予測が間違っている

英語のSEO対策では、キーワードの選定やトレンド予測が極めて重要なポイントになります。

ターゲットに価値を与えられるコンテンツ、良質な内容でなければアクセスを増やすことができず、サイトの評価が下がるからです。

言語の違いだけでなく、地域性を意識してコンテンツを企画する必要があります。

キーワードの検索ボリュームや競合度の分析、キーワードのトレンドや関連キーワードの発見にも役立つ「Google Keyword Planner」「SEMrush」「Ahrefs」などのリサーチツールの活用が、SEO戦略の策定に効果を出すでしょう。

言い回し・表現・文法のミス

コンテンツの作成にネイティブもしくはネイティブレベルの執筆者が望まれるのは、日本人では気づきにくいネイティブならではの言い回しや表現、文法の構成があるからです。

また、文法の間違いを正すだけが目的ではなく、ターゲットユーザーが読みやすい自然な表現、関心を深めるワードの選択、キーワードをコンテンツの中に反映させるなど「英語に訳す」のではなく、英語を中心に考えることが求められます。

ユーザーの満足度を上げるコンテンツを作ることにフォーカスすることが大切です。

海外SEOに取り組む際の注意点に関しては、下記の記事もご参考ください。

【2024年最新版】海外SEOと日本SEOの違いは?多言語サイト構築の進め方や作成時のポイントを徹底解説

英語コンテンツSEOの質を高めるポイント

英語コンテンツSEOの質を高めることは、サイトを上位表示させる上で不可欠なアクションです。

ユーザーに役立つコンテンツを提供することで、検索エンジンからの高評価されるようになります。

ここでは、コンテンツ制作前の対策に有効な英語コンテンツSEOの質を高める6つのポイントを紹介しましょう。

ネイティブ視点で市場調査を行う

英語は多くの国や地域で公用語として使われていますが、各地域には独自の文化や習慣、流行が存在します。

日本で人気のコンテンツや有用な情報が海外でも需要があるとは限りません。

ターゲットのニーズを満たす内容を提供するためにはネイティブ視点で市場調査を行い、年齢層や興味、趣味などのデモグラフィックの詳細を特定する必要があります。

ユーザーに価値を提供するコンテンツこそがSEOの核であるため、検索者の意図や関連キーワードを理解し、質の高いコンテンツを制作しましょう。

検索キーワードは文章形式で設定

検索キーワードやフレーズはSEOの基盤です。

ターゲットとする国や地域で「検索ボリュームはどれくらいあるのか」「関連キーワードは何か」を理解しなくてはいけません。

日本では単語で検索する人が多い傾向ですが、英語の場合、単語の組み合わせではなく文章やフレーズで検索する人が多いため、検索ワードを文章形式で設定するのがポイントです。

また、英語の語順はSVO(主語+動詞+目的語)型であると認識しておくとよいでしょう。

ネイティブ感のあるワードを短時間で選定しやすい「Thesaurus.com」というツールも役立ちます。

競合サイトを分析し、ユーザーが求める情報を集めて検討することも大切です。

ターゲットキーワードと、関連して組み合わせる言葉を文章化し、自然にコンテンツに組み込むことでSEOの質が向上します。

国や地域に配慮した内容を企画する

英語を公用語とする国は幅広く、国や地域によって文化や宗教、さらには検索ニーズなどさまざまな違いがあるため、ターゲット国に配慮したコンテンツ内容とキーワードの選定が必要です。

考慮すべきポイント

  • 国民性
  • 文化
  • 宗教
  • 人種・民族
  • セクシュアリティ
  • 生活習慣
  • 検索ニーズ
  • ユーモア

特にユーモアは文化的背景に適した翻訳が難しいので、もしマーケティングにユーモアを使いたいなら、現地の人々に通じるユーモアを開発することが重要になります。

英語圏だからといってひとくくりに考えるとどの国にも需要を生まず、効果的な英語SEO戦略ができません。

地域性を意識してターゲットユーザーに役立つ内容を企画することで、検索エンジンからの評価も得られます。

新規コンテンツはネイティブが執筆する

ターゲットとする国に適した新規コンテンツを制作する場合はネイティブの執筆者が望まれます。

現地の空気感やキャッチーなワード、ユーザーの関心や共感を得る表現などを文章に自然に組み込めるメリットがあり、編集者も現地の事情をよく知る人を採用するのが理想です。

語学力とは異なるユーザー寄りの感覚がコンテンツ制作には必要であり、日本語サイトをそのまま翻訳機やプラグインで翻訳した、単調で強弱のない文章では並みいる競合に勝つことはできません。

ターゲットのニーズを満たす独自性の高いコンテンツを目指しましょう。

ネイティブの翻訳・監修で質を高める

ターゲットの規模が広く、より多くの地域、多くの人々のニーズを意識してコンテンツ制作を行う必要がある英語のSEO対策。

ネイティブによる執筆や編集が英語コンテンツに望ましいことは勿論ながら、日本で人気のあるコンテンツを単に翻訳しただけではユーザーへ正確に伝わりません。

ターゲットのニーズを的確に満たす英語コンテンツの翻訳にはネイティブが不可欠です。

さらには、情報の量や質、文章構成や読みやすさなどをネイティブがチェック・監修することで、英語コンテンツSEOの質が高められます。

サイト設計やテクニカルSEOにも注力

英語サイトは日本語サイトから言語だけを変えるわけではありません。

ターゲット国に対応できる英語SEOのサイト設計が必要であり、英語のアノテーションタグの設定、国や地域ごとのURLの設定を行います。

また、ターゲットユーザーに近いサーバーを使用しサイト設計するのが効果的。

何故なら、サーバーの距離が近いほどページの表示速度が速く、ユーザーの利便性が高いと判断されてSEOの評価が上がるからです。

さらには、サイトの内部構造を最適化し、検索エンジンのクローラーがサイト内を巡回しやすいようテクニカルSEOにも注力しましょう。

英語コンテンツ制作はプロに任せるのがおすすめ

英語のSEO対策のポイントや英語圏向けのコンテンツを作る際の注意点、SEOの質を高めるポイントについて解説しました。

日本語のSEO対策とは異なり、言語の違う英語圏のユーザーに満足度の高い英語コンテンツを制作するためには、ネイティブの人材に翻訳や執筆を依頼するほか、専門的なスキルや経験値の高いプロに任せるのが安心です。

英語SEOを成功させ、英語圏からのアクセスを増やすには、ネイティブ翻訳・監修・SEOマーケット経験豊富なShirokuへぜひご相談ください。

ShiroKu株式会社では、海外SEOに役立つコンテンツマーケティングの支援を行っています。キーワード設定から構成作成、記事執筆から監修まで、ネイティブスタッフの知見を活かした幅広いサービスをご提案します。海外SEOを検討している方は、ぜひ一度お問い合わせください。