アメリカで人気のマーケティング手法7選!定番から最新の手法まで一挙解説

アメリカでのマーケティングを成功させるには、地域ごとのターゲットや文化の理解が重要です。

アメリカは多様な市場を持ち、効果的なマーケティングを行うためには、文化や地域の特性を理解する必要があります。

アメリカは州によって消費者のニーズや行動が大きく異なるうえ、最新のトレンドである音声検索最適化やAIを活用したチャットボットなどの注目度が高く、これらの手法を効果的に取り入れることで競争力を高められます。

本記事では、アメリカにおけるマーケティングの特徴や、人気のマーケティング手法、集客を成功させるポイントについて解説します。

まずはアメリカについて理解しよう

アメリカは約3億3,000万人の人口を持つ広大な国で、州ごとに異なる特徴を持っています。

まず、人種構成や年齢層が州によって大きく異なります。例えば、カリフォルニア州はヒスパニックやアジア系の人口が多く、ニューヨーク州は多様な人種が共存しています。

一方で、中西部の州では白人の割合が高いです。年齢層も地域によって異なり、フロリダ州などは高齢者が多く、テキサス州やユタ州は若い世代が多いです。

州ごとに法律や文化習慣も大きく異なります。例えば、カリフォルニア州は環境保護に関する法律が厳しく、テキサス州はビジネスに対して寛容な規制が多いです。文化的には、南部の州では保守的な価値観が強く、北東部の州ではリベラルな考えが広まっています。

アメリカの多様性を理解することで、マーケティング戦略を効果的に立てることができます。各州の特性を考慮し、ターゲットとなる地域や人々に合わせたアプローチが成功のカギとなります。

アメリカマーケティングの特徴

アメリカのマーケティング市場は多様性に富むことから、企業は消費者の多様なニーズに応えるために戦略を練らなければなりません。

最新のトレンドやマーケティング手法が生まれやすい点も特徴です。

市場規模が大きく競争が激しい

アメリカにおけるマーケティングの市場規模は非常に大きく、競争も熾烈です。国土の広さと人口の多さが主な要因となっており、企業は多様な消費者層に対して、効果的な戦略を練る必要があります。

例えば、ニューヨークの都市部とテキサスの郊外では消費者のニーズや購買行動が異なるため、同じ広告キャンペーンを流用して、全土で効果を発揮することは難しいです。

さらに、アメリカは技術革新の最前線に位置しており、新しいマーケティング手法が次々と生まれています。

ソーシャルメディアやデジタルマーケティングの分野では、企業は最新のトレンドを取り入れ、リアルタイムで消費者の関心を引き付ける戦略を採用しています。

検索エンジンのシェア

アメリカの検索エンジンは、2024年においてもGoogleが圧倒的なシェアを誇っています。

内訳としては、Googleが約90%、bingが約8%です。Yahoo!は約2%に留まっています。

参考:Search Engine Market Share United States Of America | Statcounter Global Stats

アメリカのSEO対策には、Googleを最優先事項として、アルゴリズムやランキングの要因を理解することが非常に大切です。

SNS利用人口は世界一を誇る

アメリカは世界最大のSNS利用人口を誇り、多くの人々が日常的に様々なプラットフォームを利用しています。特に人気のあるSNSとして、YouTube、Facebook、Instagram、TikTokが挙げられます。

アメリカで人気のSNSランキングは以下の通りです。

多言語展開サイトのURL構造例

  1. YouTube - 2億3900万人のユーザー
  2. Facebook - 1億9500万人のユーザー
  3. Instagram - 1億6970万人のユーザー
  4. TikTok - 1億4800万人のユーザー

参考:https://sproutsocial.com/insights/new-social-media-demographics/

地域の特性を考慮しながら、各プラットフォームの特徴を活かしたマーケティング戦略が求められます​。

若者のスマートフォン所有率が高い

アメリカの若者のスマートフォン所有率は非常に高い水準にあり、2023年時点で18歳から29歳のアメリカ人の約97%がスマートフォンを所有しています。

そのためモバイルファーストなデザインやアメリカの文化を理解したUI・UXが非常に重要です。アメリカの若者の最新トレンドを把握し、好まれるデザインや直感的で使いやすいインターフェースが求められます。

アメリカで人気のマーケティング手法7選

アメリカでは、様々なマーケティング手法が活用されています。

それぞれの手法を効果的に組み合わせることで、顧客層との関係を強化し、ブランドの認知度と信頼性を高められます。

Web広告マーケティング

アメリカではWeb広告が非常に効果的なマーケティング手法の一つです。

特にリスティング広告とSNS広告が広く利用されています。

リスティング広告は、Google Adsを使って検索エンジンの結果ページに広告を表示し、ユーザーが特定のキーワードを検索した際にターゲットとなる商品やサービスを目立たせることができます。

SNS広告は、FacebookやInstagramなどのプラットフォームで、興味や行動に基づいてターゲットユーザーに広告を配信します。

コンテンツマーケティング

アメリカで人気のコンテンツマーケティングは、価値のある情報(コンテンツ)を発信することで顧客との関係を深める手法です。

例えば、ブログ記事や動画、ソーシャルメディアの投稿を活用して、商品やサービスの使い方、効果などを具体的に紹介します。お客様の声や成功事例を共有することで、さらに信頼感を高めることが重要です。

多くの企業が短い動画コンテンツを増やし、インパクトを与えることに注力しています。これにより、閲覧者が共感しやすくなり、ブランドへの好感度が向上します。

SNSマーケティング

アメリカでは、SNSマーケティングが非常に重要な役割を果たしています。

Facebook、Instagram、TikTokが特に人気で、それぞれ異なるユーザー層にリーチできます。例えば、Facebookは25歳以上のユーザーが多く、InstagramやTikTokは18歳から24歳の若者に人気があります​ 。

特にバイラルマーケティング(バズ企画コンテンツ)は効果的です。アメリカのマーケターは、インフルエンサーを活用して自然な口コミ(UGC)を促進し、消費者の信頼を得ています。

動画マーケティング

動画マーケティングは、企業が視覚的に商品やサービスを紹介する際に効果的な手法です。

YouTubeやTikTokといったプラットフォームを利用して短い動画を投稿することは近年のトレンドです。

消費者の注意を惹きつけながら、ブランド認知度を向上させることができます​。

またライブ配信を通じてリアルタイムで視聴者と交流することで、より深い関係を築くことができます。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、インフルエンサーが製品やサービスを紹介することで、そのフォロワーに影響を与える手法です。

ファッションや美容の分野では、InstagramやTikTokのインフルエンサーが新製品を紹介し、実際の使用感を動画で伝えることで、多くの消費者にリーチしています​。

アメリカの大手企業は、単発のキャンペーンではなく、インフルエンサーと長期的なパートナーシップを結ぶことが増えており、ブランドの信頼性と認知度が向上しています​。

Eメールマーケティング

アメリカでは、Eメールマーケティングが依然として活用されています。

施策を成功させるためには、顧客データを活用した高度なパーソナライゼーションが重要です。

例えば、顧客の購買履歴や行動に基づいて、個別にカスタマイズされたメールを自動で送信するなどの手法が挙げられます。

顧客一人ひとりに適切なタイミングで関連性の高いコンテンツを届けることが可能です。

BtoBマーケティング

アメリカにおけるBtoBマーケティングは、SEOやコンテンツマーケティング、SNSの活用が主流です。

企業向けサイトは専門的な情報の表示に適しており、質の高さが信頼性に直結します。

一方で個人向けサイトは、使いやすさと視覚的な魅力を優先します。

ターゲットごとにサイトデザインや導線を最適化することで、効果的なマーケティングが可能となります​。

アメリカマーケティングを成功させるポイント

アメリカでのマーケティングを成功させるポイントは、従来のマーケティングの視点に留まらず、現地の文化や法律を理解することも求められます。

それぞれのポイントについて理解しておきましょう。

ターゲットを明確化して絞り込む

アメリカ市場での成功には、ターゲットの明確化と絞り込みが不可欠です。

ご自身が扱う商品・サービスのターゲットは、必ずしも全米のメジャーな都市に集中しているとは限りません。

例えば、高所得者向けの製品なら、ニュージャージーやメリーランドなど高所得者の割合が高い地域に焦点を当てると効果的です​。

事前にリサーチを行い、ターゲット層がどの地域に多く存在するかを調べておきましょう。

アメリカ人の文化・嗜好を理解した企画戦略

アメリカ人の現地の文化や嗜好を深く理解したうえで、企画戦略を練るようにしましょう。

アメリカ人は個人主義を重視し、独立性を大切にする傾向があるため、マーケティングキャンペーンでは個人のニーズやライフスタイルに焦点を当てることが求められます。

実際に効果的な戦略を立てるとなれば、現地視点でのマーケットリサーチが必須です。

現地の文化や市場を熟知しているネイティブが在籍するマーケティング会社に依頼することで、施策を成功へと導きやすくなります。

ネイティブが執筆・翻訳・監修を行う

アメリカ市場で成功するためには、現地の文化や言語に精通したネイティブが執筆や翻訳、監修を行うことが重要です。

広告コピーやWebサイトの内容が正確かつ自然な英語であることは信頼性を高めます。

また微妙なニュアンスや文化的な背景を理解した文章は、現地の消費者の共感を生み、より強い訴求力を生むことができます。

プロのネイティブライターを起用することで、品質の高いコンテンツを提供できます。

アメリカの法律に対して理解を深める

アメリカでのビジネス展開においては、州ごとの法律や解釈の違いを理解することが大切です。

一例として、カリフォルニア州の消費者プライバシー法(CCPA)はデータ保護に関する厳しい規制を設けていますが、他の州では異なる規制が適用されることがあります​。

さらに、アメリカは訴訟大国であり、虚偽広告や消費者保護規制違反に対して、企業が巨額の賠償金を科されるリスクがあります。

リスクを軽減するためには、現地の法律に精通した弁護士を雇う、Webサイトのアクセシビリティ基準を遵守し、全てのユーザーに利用可能にするといった例が挙げられます。

積極的に自社の商品・サービスを売り込む

積極的に自社の商品・サービスを売り込むためにも、Web広告やSNS、Eメールマーケティングを活用しましょう。

アメリカ人は広告に対してクリエイティブで目を惹く要素を期待するため、魅力的なビジュアルやストーリー性のある広告が効果的です。

さらにターゲット層に合わせたメッセージやキャンペーンを行うことで、顧客の関心を高めながら、購買意欲を上昇させることができます​。

アメリカで人気のインフルエンサーを起用する

アメリカにおいて、インフルエンサーは多大な影響力を及ぼしています。

例えばYouTubeで有名なMrBeastは、大胆な企画力や慈善活動で、多くの視聴者を惹きつけています。またInstagramでは、NerfやMagic: The Gatheringといったブランドとパートナーシップを組んでいます​。

またTikTokで人気のAddison Raeは、American EagleやL’Oréalなどのブランドとコラボレーションしており、若い世代に大きな影響を与えています​。

単に人気度だけで選ぶのではなく、自社の予算や顧客のターゲット層を踏まえながら、共通の価値観や理念を持っているインフルエンサーを起用することが大切です。

最新のマーケティング手法を取り入れる

アメリカはどの分野においてもマーケティングの最前線に立っており、その情報をキャッチアップすることが重要です。

具体的な例として、音声検索最適化(VSO)が挙げられます。背景として、Amazon EchoやGoogle Homeなどの音声アシスタントの普及に伴い、音声検索を活用するユーザーが増えています。

さらにAIを活用したチャットボットの導入も有効です。

例えば、化粧品ブランドのセフォラは、AIチャットボットを活用して顧客とのリアルタイムコミュニケーションを行い、製品の推奨や購入サポートを提供しています。

24時間体制で顧客サービスを向上させて、顧客満足度を高めています​ 。

まとめ

本記事では、ターゲットの明確化や音声検索最適化、AIチャットボットの活用など、具体的な手法や成功に向けたポイントについて解説しました。

アメリカ市場でのマーケティングを成功させるには、最新のSEOトレンドを実践するだけでなく、アメリカ独自の特性を現地のネイティブの視点で詳しく調査し、質の高いコンテンツを作成することが非常に重要です。

海外SEO対策の相談ならShiroKuへ

ShiroKu株式会社では、海外SEO対策や多言語コンテンツ制作、インバウンド集客など、海外向けマーケティングサービスを手掛けています。

経験豊富なネイティブスタッフが多数在籍し、海外の知見を活かして戦略設計からサイト制作、集客、分析、改善まで一貫体制で集客をサポートいたします。

自社サイトやサービスの海外展開を考えている方は、ぜひShiroKuにご相談ください。

1分で完了!無料相談受付中

お問い合わせはこちら

執筆者

八十島 匠(やそじま たくみ)

フリーランスライターとして5年ほど活動したのち、独学でWebマーケティングを学び、大手観光メディアを運営する会社のディレクターに抜擢。旅行・観光系ジャンルを中心に、美容・インテリア・グルメ・ファッション・人材・テクノロジーなど、さまざまなメディアの立ち上げに従事。SNS運用や縦型動画をはじめとした最新マーケティング・海外SEO戦略にも幅広い知見を持つ。

監修者

Kai Wasson(カイ・ワッソン)

日英翻訳で10年以上の経験を持つプロフェッショナル。アメリカマーケティングチームの一員として、多言語コンテンツの制作やローカライゼーションを担当。多国籍企業のマーケティング施策を成功に導くため、ターゲット国の属性や習慣、文化的ニュアンスを理解しながら正確で効果的な翻訳を行う。