インバウンド集客の相談はどこにするべき?制作会社を選ぶ際のポイントを解説

インバウンド集客は、日本の魅力を海外の観光客に伝え、新しい顧客層を開拓するための手法です。

ただし、効果的な集客を行うためには専門的な知見が必要となるため、信頼できる海外マーケティング会社に相談することが重要です。

例えば、多言語Webサイトの立ち上げ、SNSの運用、広告キャンペーンの設計など、海外市場での存在感を高めるためのさまざまな施策が求められます。

この記事では、インバウンド集客において信頼できるマーケティング会社の選び方について解説します。

インバウンド集客とは?

インバウンド集客とは、外国からの観光客を自社の商品やサービス、地域に呼び込むためのマーケティング手法です。

一例として、訪日観光客に向けて多言語のWebサイトを作成し、観光名所やサービスに関する情報を届けることが挙げられます。

SNSを活用したプロモーションも非常に有効であり、InstagramやFacebookに出稿する広告や、YouTubeでの動画コンテンツを通じて、海外の人々に日本の魅力を伝えることができます。

インバウンド集客のメリット

  • 顧客基盤の拡大:海外からの観光客を取り込むことで、新しい顧客層を開拓できる
  • 売上の向上:外国人観光客による消費が増えることで、売上の増加が期待できる
  • ブランドの国際化:世界中の人々に認知されることで、ブランドの価値が向上する
  • 地域経済の活性化:観光客が地域に訪れることで、地域全体の経済が活性化する
あわせて読みたい!

インバウンド集客に効果的な施策とは?代表的な10の方法を紹介

インバウンド集客の相談はどこに頼むべき?

インバウンド集客を成功させるためには、自身の事業やサービスの規模に応じて、適切な制作会社に依頼することが重要です。

コンテンツ制作会社、Webサイト制作会社、マーケティング会社など、さまざまな選択肢がありますが、違いはどこにあるのでしょうか。

ここでは、代表的な依頼先の特徴について解説します。

コンテンツ制作会社

コンテンツ制作会社は、特に海外市場に向けて質の高いコンテンツを作成する際に頼りになる存在です。

例えば、企業が多言語Webサイトを運営しており、新たに魅力的な記事やニュースを追加したい場合、コンテンツ制作会社に依頼するのも選択肢の一つです。

具体例として、海外旅行者を日本に誘致するためのブログ記事やソーシャルメディア投稿などが挙げられます。

ただし、コンテンツ制作会社による施策の範囲には限界もあります。

コンテンツ制作に特化しているため、Webサイト全体のSEO対策や包括的なマーケティング戦略など、集客全体のサポートが不足する可能性があるため注意しましょう。

Webサイト制作会社

インバウンド集客を成功させたいものの、自社で集客用の媒体を運営していないという場合は、Webサイト制作会社に相談するのもおすすめです。

例えば、外国語に対応したおしゃれで魅力的なWebサイトを作成できる会社を選ぶことで、海外の顧客にアピールしやすくなります。

Webサイト制作会社はデザインや機能面に重きを置くため、実際の集客戦略についてはマーケティング会社に依頼するほうが効果的です。

Webサイト制作はあくまでインバウンド施策の入口であり、その先の集客や海外SEO対策を連動して見据えるとなれば、マーケティング会社に依頼するほうが成果が見込めます。

翻訳会社

既に日本語のWebサイトやサービスを展開しており、自社開発のエンジニアが稼働している場合、翻訳会社に依頼する選択肢もあります。

こちらは既存サイトやコンテンツの翻訳・ローカライズのみを依頼する形式となります。

AI技術やツールの発展によって機械翻訳のクオリティは年々進化しているものの、正確なニュアンスまでは読み取れないことも多いため、どの翻訳会社に依頼する場合でもネイティブチェックは必須となります。

ただし、翻訳が完璧だったとしても、現地のターゲット層に対して効果的にアプローチできるとは限りません。例えば欧州圏の言語でWebサイトを作成しても、検索エンジンで上位に表示されなければ、ユーザーの目には留まらないでしょう。

マーケティング会社

サイト設計や集客戦略も含めてゼロから相談したい場合は、専門的な知識と経験を持つマーケティング会社に相談するのも良いでしょう。

多言語Webサイトの立ち上げや運営をサポートするだけでなく、SNS運用やコンテンツマーケティング、集客施策の企画・分析など、広範なサービスを提供できるのが強みです。

ただし全面的にお任せする形で依頼を行う場合、コストが高くなりやすく、プロジェクトの規模によっては納期が長期化する点に留意しましょう。

インバウンド集客の会社を選ぶポイント

インバウンド集客の会社を選定する際には、いくつかのポイントを押さえることが大切です。

ここでは会社選びで重視したい5つの項目について解説します。

Webサイト多言語化の開発実績があるか

インバウンド集客を成功させるためには、Webサイトの多言語化は必須です。

多言語対応の開発実績が豊富なマーケティング会社を選ぶことで、スムーズにプロジェクトを進行できます。

例えば、英語・中国語・スペイン語など複数の言語に対応したWebサイトを構築した経験があるかどうかを確認しましょう。

過去にどのような業界のクライアントをサポートしたのか、どのくらいの期間でプロジェクトを完了させたのかといった詳細な情報を聞けると望ましいです。

多言語対応のSEO対策やローカライズに精通しているかも重要なポイントです。

実績がある会社は、文化や市場の違いをノウハウとして熟知しているため、ターゲットユーザーに合ったコンテンツを提供できます。

あわせて読みたい!

ホームページを多言語化する方法は?制作の手順やメリットを解説

海外マーケティングの知見が豊富にあるか

海外マーケティングの知見が豊富な会社を選ぶことも重要です。

ターゲットとする国や地域の文化や消費者行動を深く理解していれば、適切な戦略を立案できます。

例えば中国市場向けのキャンペーンを行う場合、「Weibo(ウェイボー)」「大衆点評」「Fliggy」など、その国特有の消費者傾向やSNSの使用傾向を踏まえて、効果的なプロモーションを実施してくれます。

具体的には以下のような施策が挙げられます。

多言語展開サイトのURL構造例

  • 中国で人気のSNSであるWeiboを活用し、現地の有名インフルエンサーを起用して商品のプロモーションを行う
  • 大衆点評にて実際のユーザーからのレビューを集め、信頼性を高めることでブランドの認知度を向上させる
  • 旅行関連のプラットフォームであるFliggyを通じて、訪日観光客向けの特別なオファーを提供し、旅行者の興味を惹きつける

海外マーケティングに精通している会社を選ぶことで、現地のユーザーにリーチしやすくなり、効果的なインバウンド集客が実現します。

ネイティブ翻訳による質の高いローカライズを行えるか

インバウンド集客の成功要因として、ターゲットとなる市場の文化や言語を深く理解したローカライズが欠かせません。

日本の観光地を紹介するWebサイトを翻訳する場合、単に言葉を訳すだけでは不十分です。

各国の文化や表現の違いを考慮しながら、現地の人々にとって自然で魅力的な内容に仕上げる必要があります。

そのためには、現地出身のネイティブ翻訳者がいるマーケティング会社を選ぶことが重要です。

発信したい観光地の魅力を伝える際には、海外の観光客が理解しやすい形で表現することが求められます。

ネイティブ翻訳者は、双方の国が持ち合わせる微細なニュアンスを的確に伝えることができます。

さらに質の高いローカライズのためには、現地のトレンドや消費者の嗜好を反映したコンテンツ作りも重要です。

現地のターゲット層が好むビジュアルやデザインを取り入れることで、違和感を抱かれることなく、より多くの共感を生むことにつながります。

サイト制作と連動した集客施策の提案ができるか

インバウンド集客の会社のサービス内容においては、ホームページ制作と集客施策(SEOやその他のマーケティング施策)が密接に連動していることが重要です。

例えば、ホームページをただ作るだけでは、訪問者が少なく効果を発揮しません。一方で、集客の施策に注力してもホームページ自体の質が低ければ、ユーザーがすぐに離脱してしまいます。

そのため、Webサイト制作から集客施策までを一貫して提供できる会社を選ぶことが非常に重要です。

例えば、ある企業が日本の観光地を紹介する多言語Webサイトを立ち上げる場合、デザインだけでなく、検索エンジンでの上位表示を狙った施策やSNSを活用したプロモーションも同時に行える提案まで行ってくれる会社が理想的です。

あわせて読みたい!

【2024年最新版】海外SEO対策の特徴とは?日本SEOとの違いやコンテンツ制作のポイントを徹底解説

サービス規模に応じたコンサルプランを提案できるか

自社が実施したいインバウンド集客のサービス規模に応じて、適切なコンサルプランを提案できるかも確認したい点です。

例えば、個人経営の飲食店が食事のメニューの翻訳を求める場合、大規模なマーケティング会社では対応を受け付けない可能性も想定されます。

大規模な多言語Webサイトの構築や全面的なマーケティング戦略を必要とする場合、幅広い対応力を持つ会社を選ぶことが求められます。

小規模から大規模なコンサルプランまで包括的な提案を行いながら、コンテンツ制作やSNS戦略といったスポットでの依頼も受け付けてくれる会社であれば、どんな依頼にも応えてくれるため安心です。

インバウンド集客は相談先の絞り込みが重要

インバウンド集客を成功させるためには、信頼できるマーケティング会社の選定が重要です。

多言語対応のWebサイトの開発実績や、ターゲットとなる海外市場への深い理解を持つ企業を選ぶことがポイントです。

専門的な知見を持つ会社に依頼することで、効果的な集客施策が実現できるでしょう。

海外SEO対策の相談ならShiroKuへ

ShiroKu株式会社では、海外SEO対策や多言語コンテンツ制作、インバウンド集客など、海外向けマーケティングサービスを手掛けています。

経験豊富なネイティブスタッフが多数在籍し、海外の知見を活かして戦略設計からサイト制作、集客、分析、改善まで一貫体制で集客をサポートいたします。

自社サイトやサービスの海外展開を考えている方は、ぜひShiroKuにご相談ください。

1分で完了!無料相談受付中

お問い合わせはこちら

執筆者

八十島 匠(やそじま たくみ)

フリーランスライターとして5年ほど活動したのち、独学でWebマーケティングを学び、大手観光メディアを運営する会社のディレクターに抜擢。旅行・観光系ジャンルを中心に、美容・インテリア・グルメ・ファッション・人材・テクノロジーなど、さまざまなメディアの立ち上げに従事。SNS運用や縦型動画をはじめとした最新マーケティング・海外SEO戦略にも幅広い知見を持つ。

監修者

李美玲(リ・メイリン) 

台湾でWeb制作会社やデジタル広告代理店を渡り歩き、Webキャンペーンの企画、ディレクション、コピーライティング、広報など多岐にわたる経験を積んだのち、2017年に来日。ネイティブ視点に基づいたマーケティング企画の立案やコンテンツ制作を得意とし、中小企業のサイト構築・集客から大手企業のインバウンドメディア立ち上げプロジェクトにも参画。台湾・香港の最新マーケティングにも精通しており、多岐にわたるニーズにお応えします。