ヨーロッパ向けSEO対策とは?各国の特徴やシェア、最新データを解説

ヨーロッパ市場に向けたSEO対策は、言語や文化の多様性を考慮した細やかな戦略が必要です。

ドイツではプライバシーを重視したSEO対策、フランスではアクセント記号に配慮する、チェコ共和国では「seznam」を利用するなど、一口にヨーロッパといっても国によってさまざまな特徴が見受けられます。

本記事では、海外市場に進出したい企業の担当者に向けて、ヨーロッパ各国のSEO対策の特徴や検索エンジンのシェアなど、SEOの最新トレンドを詳しく紹介します。

ヨーロッパ向けSEOとは

ヨーロッパ向けSEOとは、ヨーロッパ(EU)諸国に向けた検索エンジン最適化のことです。

ヨーロッパではGoogleが主要な検索エンジンですが、国ごとに最適化を図るための戦略が異なるため、独自のローカライズ戦略を立てる必要があります。

また、Google以外の検索エンジンが大きなシェアを獲得している国もあることから、各国の文化的な背景を理解しながら、ユーザーの動向を注視することも求められます。

ヨーロッパ各国の特性に応じたSEO対策を実施することで、効果的なマーケティング活動を行えるようになります。

そもそも海外SEOとは

海外SEOとは、国際的な検索エンジン最適化のことです。

主にGoogleやその他の検索エンジンに対する対策であり、コンテンツSEOを含むさまざまな手法があります。

ヨーロッパ向けSEOもその一環であり、各国の特性に合わせた対策が必要です。

海外向けSEOと国内SEOの違いは、基本のSEO対策に加えて、「検索エンジンの特性」「インフラ環境」「文化や国民性」「言語」「法規制」など、各国特有の要素を考慮する必要がある点です。本記事では、上記の特徴について詳しく解説します。

あわせて読みたい!

【2024年最新版】海外SEO対策の特徴とは?日本SEOとの違いやコンテンツ制作のポイントを徹底解説

ヨーロッパ(EU)に関する基礎知識

まずはヨーロッパ諸国の基本知識についておさらいしましょう。

ヨーロッパ連合(EU)は、27ヶ国からなる政治経済連合です。

総人口は約4億4,600万人で、面積は約432万平方キロメートルに及びます。

EUの文化的特徴は多様性に富んでおり、各国の歴史や伝統が色濃く反映されています。

フランスは芸術と美食の中心地であり、ドイツは精密工業とビール文化が有名です。

イタリアはファッションと美術のメッカであり、スペインは情熱的なフラメンコや豊かな音楽文化が根付いています。

各国は異なる言語や文化を持ちながらも、連携して経済や政治の安定を目指しています。

共通の経済市場や共通通貨であるユーロの導入が進んでおり、文化的多様性を尊重しつつ、一体感を持った地域として発展しています。

ヨーロッパ(EU)の検索エンジン状況一覧

ヨーロッパ(EU)の検索エンジンで最も多くのシェアを占めるのは「Google」であり、およそ90%以上を占めています。

次いで「bing」「Yandex」など、各国で有名な検索エンジンが1%前後で続いています。

bingとは、Microsoftが提供している検索エンジンで、ヨーロッパ全体で2位のシェアを占めています。

利用率は3.59%と少ないように感じますが、約1,600万人のユーザーが利用している計算となり、大きなポテンシャルを秘めています。

Yandexとは、ロシアでNo.1のシェアを誇る検索エンジンです。

Yandexは69%、Googleは29%と大きな差がついています。

地域性に強みを持ち、長年ロシアのユーザーが慣れ親しんでいることが人気の理由です。

「seznam」とは、チェコ共和国で13%の利用率を占める検索エンジンです。

Googleは初期段階でチェコ語のような少数言語にはあまり注力しなかったため、現地のエンジニアがローカル検索エンジンを開発する余地が生まれたという背景があります。

※本記事のデータは2024年5月現在の最新値です
参考:Search Engine Market Share Europe | Statcounter Global Stats

ヨーロッパ各国のSEOの特徴

ヨーロッパ市場でのSEO対策は、国ごとの文化や言語の違いを考慮することが重要です。

各国のユーザーの検索行動や好みに合わせた戦略を立てることで、より効果的なSEO対策が可能になります。

ここからは、ヨーロッパの中でも大きな経済大国である、ドイツ・フランス・イギリス・ロシアのSEO対策の特徴について解説します。

ドイツのSEOの特徴

ドイツ語は長い単語が多く、検索キーワードが詳細な内容になりやすい特徴があります。

例えば「検索エンジン最適化」は「Suchmaschinenoptimierung」となり、一つの単語で表現されます。

一つの単語の意味が複雑なことから、ロングテールキーワードを活用することで、よりターゲットとなるユーザーに焦点を当てやすくなります。

また、ドイツではプライバシーとセキュリティに対して非常に敏感です。

GDPR(一般データ保護規則)を遵守し、ユーザーの同意を得てクッキーを使用することが求められます。

ドイツの国民性に合った信頼性の高いサイト作りが重要で、インプリントページ(Impressum)やプライバシーポリシー(Datenschutz)などのページを整備する必要があるでしょう。

ボックス ドイツの消費者は商品やサービスの品質を厳しく評価しており、詳細な説明を好む傾向があります。

そのため、商品の品質を強調するコンテンツを作成し、価格情報はその後に提示することが効果的です。

フランスのSEOの特徴

フランス語には独自のアクセント記号があり、正しい使い方が求められます。

例えば、"é"や"à"などのアクセントは検索結果に影響するため、キーワード選定時には注意が必要です。

例えば、「cinéma(フランス語)」と「cinema(英語)」では検索結果が大きく異なります。

どちらも「映画・映画館」を意味しますが、フランス語の「cinéma」のように、フランス語の正確なスペルを綴ることが、ローカルの人々からの信頼性の向上につながります。

フランスのユーザーは自国語でのコンテンツを強く好む傾向があります。

そのため、サイト全体をフランス語でローカライズすることが求められます。

例えば下記のURLを比べると、フランス語のURLのほうが親しまれやすい傾向があります。

  • www.mapetiteboutique.fr(フランス語)
  • www.mylittleshop.com(英語)

URLやメタ情報(meta要素)など、サイト全体の内容をフランス語に統一することが、検索エンジンで評価を上げるポイントとなります。

イギリスのSEOの特徴

イギリスでは、アメリカ英語と異なる表現やスペルに注意が必要です。

例えば「color」は「colour」と表記されるため、イギリス英語に合わせたコンテンツ作成が求められます。

イギリスの消費者はオンラインショッピングを好み、商品購入前にレビューや評価を重視する傾向があります。

そのため、口コミや評価を積極的に集めてサイトに表示することが効果的です。

また、イギリスではモバイルデバイスの使用率が高いため、モバイルフレンドリーなサイト設計が重要になります。

特にページの読み込み速度やレスポンシブデザインがSEO対策に大きな影響を与えます。

あわせて読みたい!

英語のSEO対策のポイントは?英語圏向けコンテンツを作る際の注意点を詳しく解説

地域ごとの検索需要に対応するためには、ローカルSEO対策も重視されます。

Googleマイビジネスへの登録や、「Yell」「Thomson Local」などのディレクトリへの掲載が効果的です。

ちなみに、YellとThomson Localは、イギリスの企業情報を検索・掲載しているオンラインディレクトリです。

ShiroKuくん

ユーザーは地域の企業情報や顧客レビューを確認できます。日本で例えるなら「タウンページのオンライン版」といったところでしょう。

YellやThomson Localに企業に関する情報を掲載すると、地元の人々が検索しやすくなり、地元での知名度や信頼度が向上するため、集客効果が高まります。

ロシアのSEOの特徴

ロシアはウラル山脈を境にヨーロッパとアジアにまたがりますが、国連の地域区分ではヨーロッパに分類されます。

政治の中心である首都モスクワがヨーロッパロシアにあり、人口の8割がヨーロッパの文化に親しんでいることが理由です。

ロシアの主要な検索エンジンはYandexであり、Googleと並行して使用されています。

ロシア語はフレキシブルな語尾変化を持つため、キーワードのバリエーションを考慮する必要があります。

また、ロシアのユーザーは国内のサイトを好む傾向が強く、Yandexのローカルランキング要因を最適化することが不可欠です。

さらにVK(VKontakte)や、OdnoklassnikiなどのローカルSNSを活用することで、ユーザーとのエンゲージメントを高めることができます。

ヨーロッパを含む海外SEOの傾向

ヨーロッパは多言語・多文化の地域のため、各国のユーザーが利用している検索エンジンを把握して最適化することが重要です。

ドイツではGoogleが主要な検索エンジンですが、チェコ共和国ではseznam、ロシアやトルコではYandexが広く使用されています。

また国ごとのドメイン(ccTLD)や、サブディレクトリを使用して、地域別にURLを最適化することも有効です。

フランス向けには「example.com/fr」、ドイツ向けには「example.com/de」などが挙げられます。

ShiroKuくん

これらの施策を行うことで、検索エンジンに対して明確な地域ターゲティングの指針を示すことができます。

ヨーロッパ向けSEOに取り組むならプロにお任せ

本記事ではヨーロッパ向けSEOについて、検索エンジンの状況一覧や、各国の特徴などを網羅的に紹介しました。

ヨーロッパ向けSEOは各国のローカライズ戦略や、文化的背景の理解が非常に重要です。

しかし、言語の壁やローカルの人々の心情を読み解く必要があることから、難易度が高いのが実情といえます。

もしも海外マーケティングや集客にお困りの場合は、ヨーロッパ向けSEOを得意とするプロに任せるのが最適です。

マーケティング戦略の構築が得意で、ヨーロッパ向けの独自のノウハウを持つ会社を選びましょう。

海外SEO対策の相談ならShiroKuへ

ShiroKu株式会社では、海外SEO対策や多言語コンテンツ制作、インバウンド集客など、海外向けマーケティングサービスを手掛けています。

経験豊富なネイティブスタッフが多数在籍し、海外の知見を活かして戦略設計からサイト制作、集客、分析、改善まで一貫体制で集客をサポートいたします。

自社サイトやサービスの海外展開を考えている方は、ぜひShiroKuにご相談ください。

1分で完了!無料相談受付中

お問い合わせはこちら

執筆者

八十島 匠(やそじま たくみ)

フリーランスライターとして5年ほど活動したのち、独学でWebマーケティングを学び、大手観光メディアを運営する会社のディレクターに抜擢。旅行・観光系ジャンルを中心に、美容・インテリア・グルメ・ファッション・人材・テクノロジーなど、さまざまなメディアの立ち上げに従事。SNS運用や縦型動画をはじめとした最新マーケティング・海外SEO戦略にも幅広い知見を持つ。

監修者

Kael Harris(カエル・ハリス)

日英翻訳で10年以上の経験を持つプロフェッショナル。アメリカマーケティングチームの一員として、多言語コンテンツの制作やローカライゼーションを担当。多国籍企業のマーケティング施策を成功に導くため、ターゲット国の属性や習慣、文化的ニュアンスを理解しながら正確で効果的な翻訳を行う。