英語でコンテンツマーケティングを行う方法とは?制作や運用のポイントを解説

自社の製品やサービスを英語で届けることができれば、日本市場の数倍、数十倍の市場を対象にしたビジネスを広げることが可能です。

英語圏に大きな可能性がある一方、ただ単に英語のウェブサイトを作成しただけでは良い成果が生まれません。

この記事では、英語圏の市場開拓を検討している企業に向け、英語でコンテンツマーケティングを行う際のポイントや制作の注意点を説明します。

英語のコンテンツマーケティングとは?

英語のコンテンツマーケティングは、ターゲットとする地域に考慮し、ユーザーが感心を持つトピックやニーズに合わせた情報を提供するマーケティング方法です。

自社へ関心や興味を引き付け、最終的にサービスや商品の購買に繋げる施策であり、競争の激しい市場で他社との差別化を図るために必須の戦略と言えます。

ローカル独自の文化や市場の特徴、言語を理解したコンテンツマーケティングが求められます。

コンテンツマーケティングが英語圏への市場開拓に必要な理由とは?

コンテンツマーケティングの先進国であるアメリカでは、世界的規模の大企業が積極的に活用し、効率よく優良顧客を獲得するマーケティングを展開しています。

コンテンツマーケティングが英語圏への市場開拓に必要である理由をさらに詳しく見ていきましょう。

コンテンツの活用でユーザー誘導の流れを作れる

コンテンツマーケティングの基本となるのは、「どのような顧客(ペルソナ)」に対し、「どのようなコンテンツ」を用意するのかの選定です。

英語圏のユーザーに対し、自社の役立つ情報や事例、分析や解決策などのケーススタディを多角的に作成し、継続的に配信することで、その情報を探している潜在顧客と繋がる可能性が高まります。

コンテンツを効率よく見つけてもらうためには、Googleを意識したSEOが欠かせません。

英語独特の表現や言い回しを意識した質の高いコンテンツを作成し、検索上位表示を狙うことで多くの人の目に留まります。

視覚的アプローチにより情報を効果的に伝達する

英語圏への市場開拓を狙う企業は数多く、その中で台頭するにはSEOの徹底と有効なコンテンツマーケティングが不可欠です。

英語圏といっても国や地域によって言葉の表現が異なり、同じ国であってもアメリカのようにさまざまなルーツのある人が暮らす国もあります。

多くの人が話す英語だからこそ、ニュアンスの違いを補うために効果的なのが、多様なメディア要素を組み合わせたデジタルコンテンツの活用です。

文章だけでなく、画像・音声・動画・配信などを組み合わせることで、よりユーザーがイメージしやすく、自社の魅力を表現できるコンテンツとなります。

視覚的なアプローチはより多くの関心や理解を得やすく、SNSなどを介して情報を拡散されやすいのも特徴です。

英語のコンテンツマーケティングを行う際のポイント

ここからは、英語圏の市場でコンテンツマーケティングを行う際に理解しておきたい5つのポイントを説明します。

ユーザーに対し、効果的なビジネス展開を行うための戦略として役立ててください。

ターゲットを明確にする

英語のコンテンツマーケティングではターゲットに合わせたアプローチが非常に大切です。

ターゲットにする国、性別、年齢などを明確にし、自社が発信するカテゴリーのニーズを把握しなくてはいけません。

SEOでは、Google AdwordsやSearch Consoleでキーワードを得ることができます。

ソーシャルプラットホーム対策では、ソーシャルリスニングツールを駆使して消費者のメンションやポストを分析するのも有効です。

このように、デジタルツールを活用してターゲット国の消費者インサイトを引き出し分析しましょう。

SNSを有効活用する

Facebook、Instagram、X(旧Twitter)、YouTubeやTikTokなどのSNSの活用はマーケティング効果も高く、定期的な投稿がソーシャル戦略の鍵となります。

また、コミュニケーションアプリも有効であるため、ターゲット市場の傾向を理解しておくのもポイントです。

日本ではLINEが圧倒的に人気ですが、欧米ではWhatsappが多く使われています。

サイトにソーシャルシェアボタンを設置し、SNSと連動してコンテンツを広める流れを作りましょう。

自社のファンとなった顧客が自主的にSNSへ製品やサービスの情報を拡散してくれることで反響に繋がり、新規ユーザーの獲得にも効果的です。

近年は特に、TikTok・YouTube Shortsに代表されるショート動画の人気が高くなっています。いかに刺激的かつ印象的な動画コンテンツを制作できるかは、今後の英語マーケティングに必須の要素となってきそうです。

ニュースレターやメールマーケティングを配信する

ユーザーが興味を持ちそうな情報を提供するニュースレターを定期的に配信し、メールやキャンペーンを通じて関係性を強化する施策も有効です。

良質な情報を提供することで信頼性を深め、自社の製品やサービスに付加価値をもたらすことができます。

また、ユーザーが起こすアクションから傾向を捉えるチャンスも得られるでしょう。

自社のサイトに自ら訪問してくれた新規ユーザーへのメール配信は効果的なダイレクトプロモーションになり、コンバージョンが上がりやすいのも特徴です。

CTA(Call to Action)を最適化する

ユーザーが次の行動を起こしやすいCTAの設置も効果的です。

「無料体験を始める」「登録する」などのキャッチーなテキストや配置、ターゲット国のユーザーが好むデザインやカラーを使用して注意を引きましょう。

日本人はきめ細かな説明を好み、情報量が多いデザインを多様する傾向がありますが、英語のCTAでは「Try For Free」のように5語以下にとどめることを意識されています。

テキストの分量を極力抑えて画像を有効に取り入れ、クリックすることによるリターンを一瞬で理解できるよう工夫しましょう。

精度の高いSEOを行う

Googleに代表される検索エンジンは、ユーザーが検索するワードや質問を日々収集しています。

世界中で検索される回数は一日に56億回とも言われており、自社のコンテンツが上位表示されればより多くのクリック率が望めます。

そのためには世界で90%以上のシェアを持つGoogleを意識した精度の高いSEOが必須です。

キーワードリサーチや競合性を調査し、検索上位に表示される充実したコンテンツ制作が求められるでしょう。

近年の英語圏では、テキストによるSEOだけでなく、音声検索の最適化(VSO=Voice Search Optimization)がより重要になっていく可能性があります。

英語のコンテンツ制作の注意点

英語のコンテンツは、ターゲット国の事情に精通し、ユーザー心理を理解して感性に刺さるような文章を書くスキルが必要です。

ここでは、英語のコンテンツ制作における注意点を詳しく説明します。

日本語の既存コンテンツの機械翻訳は通用しない

コンテンツの英語翻訳の際には、ターゲット国で話されている言語、文化、市場の違いを十分認識することが大切です。

英語圏と言っても一括りにはできず、アメリカとイギリスの英語では発音や意味が全く異なるケースもあります。

自社の製品やサービスの特徴を説明する際、その魅力を最大限に引き出し、現地ユーザーが興味を抱いてアクションを起こす文章力が求められます。

日本語の既存コンテンツの機械翻訳は通用しないと考え、コンテンツマーケティングにおける英語翻訳はターゲット市場を熟知している人やネイティブへ監修してもらいましょう。

キーワードのボリュームと競合性を考慮する

Googleの検索結果で露出を最大化するためには、キーワードの「ボリューム」と「競合性」がキーになります。

ボリュームとは、世界中で検索されている検索ワードの数、その語句を含んだコンテンツの数が競合性を意味しており、「検索ボリュームが多く、競合性が少ない」ほど上位表示が狙えます。

競合がひしめく中、上位表示されなければ人の目に触れるチャンスを逃します。

キーワードの抽出と選択は日本語でも難易度が高いため、英語のコンテンツにおいてはネイティブを入れて戦略を立てることが賢明です。

ターゲット国の文化的背景や習慣などに配慮する

英語圏の国にはアメリカやイギリス、オーストラリアなどが挙げられますが、国や地域により文化的背景や習慣が全く異なります。

また、日本では当然のことが海外では受け入れられないこともあるため、ターゲット国に好まれるコンテンツを研究しなくてはいけません。

現地ネイティブに執筆や監修を依頼し、その国に適したコンテンツマーケティングを行うことが成功の秘訣となります。

英語圏では特に価値観(多様性・サステナビリティなど)の共感が重要になります。ユーザーとの価値観に親和性があるほど効果的なマーケティングになるので、ターゲットの絞り込みと研究は必須の要素です。

英語のコンテンツマーケティングはプロに任せるのがおすすめ!

ここまで、英語圏の市場開拓を検討されている企業に向けた、英語のコンテンツマーケティングのポイントや制作の注意点を説明してきました。

自社のサービスや商品の価値、企業の魅力を表現した質の高いコンテンツ作成、ユーザーを優良顧客へ導くマーケティングがビジネスの鍵となります。

英語のコンテンツマーケティングは、ターゲット国の言語や文化、市場を十分理解し、ネイティブに伝わる表現力が求められます。

これには、経験豊富で高いスキルと知見を有した英語のコンテンツマーケティングのプロに依頼するのがベストです。

プロに任せることでスムーズなロードマップが作れ、成果を得られるでしょう。

ShiroKu株式会社では、海外SEOに役立つコンテンツマーケティングの支援を行っています。キーワード設定から構成作成、記事執筆から監修まで、ネイティブスタッフの知見を活かした幅広いサービスをご提案します。海外SEOを検討している方は、ぜひ一度お問い合わせください。